審美治療

保険適用外の治療とは

歯科の治療には、保険が適用される治療と適用されない治療があります。保険が適用されない治療の場合、医療費は全額自己負担となります。その治療が保険適用なのか否かは歯科より治療前に説明があると思いますが、自分でも、ある程度の知識は持っていた方が良いでしょう。 保険が適用されない治療は、大きく分けて2つあります。1つは、快適になるため、美しくなるための治療であり、必ずしも必要ではない治療、もう1つは、効果や安全性が実証されているとは言い難い最先端の治療です。 ですので、歯を美しくするための審美歯科の治療は、概ね保険適用外となっています。また、矯正歯科の治療やインプラント治療も、ごく一部しか保険適用が認められていませんので、保険適用外だと考えておいた方が良いでしょう。

高額な医療費の負担を軽減させる方法

保険が適用されなければ、当然、医療費は高額になってしまいます。医療費の相場は矯正歯科の治療ですと、大人の場合は100万円近く、子供の場合でも50万円程度ですし、インプラントですと1本あたり30万円程度となっています。 ただ、ローンでの支払いに応じている歯科もありますから、そういった歯科で治療を受ければ、医療費の負担は軽減されることになるでしょう。 また、医療費控除を受けることも、医療費の負担軽減になります。医療費控除とは、10万円以上の医療費を1年間に支払っている場合、確定申告をすれば納めた税金の一部が戻ってくるという制度です。但し、医療費控除が受けられない治療もありますから、医療費控除を受けることを前提にして治療を受けるのならば、事前に歯科に確認しておく必要があります。

ページのトップへ戻る