睡眠時の症状

いびき対策のためのマウスピース

現在、いびき対策用品としてのマウスピースが、かなりの効果があるということで、よく売れています。この歯にフィットする形状のマウスピースを装着すると、自然に下あごが前に出て、舌が上がり、気道が広がり、呼吸しやすくなるため、いびきが改善されます。まわりで一緒に寝ている人に、いびきを注意された人にはお勧めの商品です。また、特に大きないびきをかいて寝ている人は、睡眠時無呼吸症候群の可能性が高いため、専門医を受診し、自分にぴったりなものを作成してもらうことが、大切です。いろいろな検査を行い、睡眠時無呼吸症候群と診断されれば、保険の適用も可能です。マウスピースは汎用的なものは薬局などで販売されていますが、違和感を感じるようであれば、きっちりとした検査を含め、専門医の受診をおすすめします。

睡眠時無呼吸症候群の改善には

睡眠時無呼吸症候群は、昼間の極度な眠気だけで仕事に影響を与えるだけでなく、日常生活や生命さえも脅かす生活習慣病や全身疾患の原因にもなりうる恐ろしい病気です。特に、運転や各種作業をされている方にとっては、大きな事故にもつながりかねない要因です。睡眠時無呼吸症候群は、基本的には生活習慣の改善や、適度な運動の実施、肥満の解消などの改善も並行して行う必要がありますが、まず、日中の極度な眠気を改善するために、しっかりとした睡眠をとることが重要です。いびきが、軽度から中度の睡眠時無呼吸症候群の方は、このマウスピースだけで十分効果があります。このマウスピース治療することで身体への負担が減り、疾患の改善や予防にもなり、睡眠の質が向上します。

ページのトップへ戻る